多くの人からのオルソケラトロジーに関する質問をQ&A形式でお答えします

Q&A集

多くの人からのご質問をQ&A形式でお答えします

オルソKに関する素朴な疑問を分かり易すく解説します。

治療を希望する方、治療についての説明を聞いてみたい方は、是非オルソケラトロジーを実施する眼科専門医に足をお運びください。また、適当な眼科をご存知ない方は、当サイトのモニター受付よりお申込みください。実績のある最寄の眼科医をご紹介いたします。

オルソケラトロジーについて

■ Q.1 結局、どうしてオルソKレンズで近視が直るのですか?

◆ A.1 近視の状態とは、目に入ってきた光が網膜上で焦点があわず、網膜より手前で焦点が合っていることをいいます。これをオルソKレンズを一晩目にかぶせることにより、角膜表面の形状を平らに変化させます。そして、焦点を網膜上に合うようにしているのです。この状態になると視力が回復します。

■ Q2 もう少しオルソKレンズについて教えてください。

◆ A.2 角膜の表面にハードコンタクトレンズを装用します。簡単にいうと、コンタクトレンズを眼にはめて、形状を変えて、角膜の屈折を変えて、焦点を網膜上に移動させて、近視の状態を治します。

■ Q.3 オルソケラトロジーで効果がでない場合もあるのですか?

◆ A.3 治療を続けても、ごくまれに期待までの効果がでない場合もあります。また、角膜がうまく矯正されない場合は、治療を中止しますが、目はすぐに元の状態に戻りますので安心です。

■ Q.4 近視と老眼を同時に矯正できますか?

◆ A.4 いいえ。近視と老視を同時には矯正することはできません。通常、近視は矯正レンズ、老視は眼鏡を用いて矯正します。

■ Q.5 どの程度の近視に効果があるのですか?

◆ A.5 オルソケラトロジーは裸眼状態で0.1程度の軽・中度の近視であれば、効果は最も期待できます。また、裸眼状態で0.1以下の場合も、矯正可能ですが、相当期間の治療時間を要する場合もあります。

■ Q.6 治療の効果はどの程度であらわれますか?また、裸眼で過ごせる時間は変化するのでしょうか?

◆ A.6 正味1時間程度のテスト装用で裸眼状態で0.1の人が1.0以上になることもまれではありません。個人差はありますが、おおよそ3日〜1週間で1.0以上の視力をもつようになります。
毎晩、矯正レンズを装用することで、矯正された状態がだんだんと長く持続するようになります。軽度の近視の人であれば、3回/週ほどの装用で十分回復できるケースもたくさんあります。

■ Q.7 安全性は大丈夫でしょうか?

◆ A.7 オルソケラトロジーの実績はU.S.A(アメリカ)ですでに30年以上の研究治療されてきました。そして現在では120万人以上の人がこの処方を受けています。また、オルソKレンズ材質の安全性に関しては、日本の厚生労働省にあたるアメリカ食品衛生局(FDA)によって1998年に正式に承認されています。また、FDAのその後の調査報告によると、これほどの人が治療をうけてもいまだ一件も訴訟問題が起こっていないということです。

■ Q.8 どのような人が治療を受けられるのですか?

◆ A.8 どなたでも治療を受けられます。パイロット、スチュワーデス、スポーツ選手などのある一定以上の視力を必要とする職業の方も多数受けられています。また、矯正効果の高い子供や受験生などの学生も多数治療を受けています。

■ Q.9 矯正レンズはどんなレンズを使用し、寿命はどの程度ですか?

◆ A.9 現在、最も多く使われているレンズはシリコンとアクリルを素材とした樹脂製品です。日本国内ではアメリカ製の高品質のレンズが一般的に利用されています。また、おおよその寿命は2〜3年といわれています。

上に戻る

治療について

■ Q.10 どのように治療をうけていくのですか?

◆ A.10 治療の成功のカギは、眼科医が本人との適性をどこまで把握できるかにかかっています。そのため眼科医の経験と適正なカリキュラムが重要となってきます。オルソケラトロジー治療を実施している眼科では、普通、まず最初に適性検査を行い、医師の判断で問題ないと分かれば、本人の角膜形状に合わせて処方したレンズで、テスト装用をおこないます。これで問題がなければ定期健診を継続しながら治療をしていきます。

■ Q.11 朝起きたときは、どうしたら良いですか?

◆ A.11 朝起きたら、点眼液をさし、目を潤してからレンズを外します。角膜は矯正された状態となっていますので、日中の間は回復された視力を維持できます。

■ Q.11 オルソKレンズのケアは難しいのでしょうか?

◆ A.11 難しくありません。手入れはとても簡単です。基本的に通常のハードコンタクトレンズと同様で、眼科医の指示する装用スケジュールを守り、マニュアルどおり取り扱えば良いです。

■ Q.12 治療をはじめたら眼鏡などは要りませんか?

◆ A.12 治療効果のあらわれ方は個人差がありますが、裸眼で生活できるまで視力が回復するのは、早い人で2〜3日、通常1週間ぐらいが目安です。裸眼視力の出方により、臨時的に使い捨てコンタクトレンズを一時的に日中装用する場合があります。担当医とご相談するのがいいでしょう。なご、それまで使用していたコンタクトレンズや眼鏡は、たいてい度数が合わなくなってしまうため、使用できなくなることが多いようです。

■ Q.13 治療スケジュールはどのような感じでしょうか?

◆ A.13 1日目、1週間、1ヶ月と定期的に間隔を広げて定期検査をします。なお、治療や検査内容は眼科により異なる場合がありますので、直接、担当医にご確認ください。

上に戻る

オルソケラトロジーの適正について

■ Q.14 治療に向かない人はどのような人でしょうか?

◆ A.14 治療がむかない人は、ハードコンタクトレンズを装用するのが困難な人です。その他に、高度なドライアイ・結膜炎・角膜や水晶体、網膜に病気がある人・乱視が強い人、近視の強い人、遠視の人なども適当ではありません。

■ Q.15 年齢制限などはありますか?

◆ A.15 ありません。現在の治療は7才〜65才ぐらいまでの人を対象にされている眼科がほとんどです。また、低年齢ほど矯正効果と永続性も高いです。

■ Q.16 子供も治療可能ですか?

◆ A.16 上記のとおり、年齢が低いほど治療効果は早く、良い結果となります。近視の進行を抑制する効果もあるため、特に20才以下の若年者の方が有効となります。それは、矯正レンズによって、角膜の表面をフラットにし、屈折率を変えることにより視力を回復するためであり、新陳代謝が活発で、やわらかい角膜を持つ子供には、その影響を容易に受けることが可能だからです。眼鏡やコンタクトレンズは、近視の進行を抑えることはできませんが、オルソKレンズは進行を遅くさせるという研究結果の報告もあります。

上に戻る

レンズの取扱い注意について

■ Q.17 オルソKレンズを装用後、ゴロゴロしたりしませんか?また、角膜の表面を傷つけることはないのですか?

◆ A.17 気になる痛みは殆どありませんが、装着後5分程度は、ゴロゴロ感を覚える人もいます。ただ、それも2〜3日間で解消できます。取り扱いに関しては、一般のコンタクトレンズとほぼ同じか、それ以下です。不衛生な使用や長時間の装用のために、角膜が傷つき、炎症をおこす場合もあります。

■ Q.18 オスソケラトロジー治療の合併症はありますか?また、なった場合は治りますか?

◆ A.18 痛み、充血、涙目、炎症などを起こす場合がありますが、それもハードコンタクトレンズと同じかそれ以下です。痛みなどを感じた場合は、オルソKレンズの装用を一時中断すれば、すぐに治ります。いづれにしても、日頃のレンズの手入れと眼科医の指導を守っていれば、ほとんど問題ありません。また、定期的な診断・健診はきちんと守りましょう。

上に戻る

費用について

■ Q.19 治療を受けるにはいくら位必要になるのでしょうか?

◆ A.19 各眼科によって違いますが、概ね両眼で15万円〜35万円ぐらいが目安となっています。その中には、初期診療、検査費、レンズ使用代、レンズケア費用等が含まれます。特にアフターケアや定期診断などのカリキュラムは各眼科オリジナルの手法をとられているところが多く、一概にトータル費用で比較することは難しいです。特にオルソケラトロジーはこのカリキュラムの善し悪しによって、治療の成功か否か左右される割合が多いため、ご自分で直接、眼科医にしくみをお訊ねすることをお勧めします。

当サイトより推薦眼科をお知らせするモニター制度をご活用ください。

■ Q.20 健康保険は使えますか?

◆ A.20 オルソケラトロジーは、日本ではまだ自由診療となっているため、健康保険の適用ではありません。自費治療となります。


オルソケラトロジー情報タウン管理人 サイト管理人についてはこちらから
モニター受付中
オルソケラトロジーの治療実績のある眼科医をご紹介しています。
「モニター参加申込フォーム」よりご登録ください。
体験談募集中
オルソケラトロジーによって視力回復された方の声を募集しています。採用された方には図書カード「500円」を贈呈します。
「体験談登録フォーム」よりご登録ください。
すべてが分かる無料ガイドブック
オルソケラトロジーの概要が簡単に理解できる無料ガイドブック!!
ご希望の方は下記にメールアドレスをご登録ください。
今すぐ登録
メールアドレス入力↓

当サイトは、個人情報の重要性を認識し、適正な管理を行い、個人情報に関する法律等を遵守するとともに、本方針に従い、適切な取り扱い及び保護に努めます。
Copyright (C) 2005 ORTHOKERATOLOGY INFORMATION TOWN All Rights Reserved.   info@ortho-town.net